離婚調停で慰謝料をしっかりともらう

調停とは話し合いです。つまり日本で争って離婚をしようとすると、すぐに裁判をするのではなくて、裁判所で調停を行います

もちろん、当事者だけが話し合って協議離婚はすることはできます。なかには慰謝料もなく円満離婚なんてうらやましいなような(?)離婚も協議離婚ですね。

でも当事者だけでは合意にならず、それで裁判所にお願いするわけですが、それが最初は調停をします。ですからそれで裁判で判決をもらうようなことはしないで離婚をすれば、離婚調停をするわけです。

日本では、およそ9割の離婚が協議離婚ですが、お互いの約束があいまいであるがために、 慰謝料や財産分与の支払いがされないなどのトラブルがよく起こります。

ですから書類上は協議離婚が9割ですが、一番トラブルになる金銭的な取決めを調停証書にして、納得のいく離婚をする人がかなりの人の場合です。

離婚調停になれば、当然裁判所が強制力のある調停調書にまとめてくれますから、そういったトラブルが少ないです。それに調停委員という第三者が間に入ることで、話し合っても水掛け論になったり、お互いに責め合いになることもありません。

もちろん、調停の場合は離婚が成立するまでに時間がかかるデメリットもありますが、その調停のお金を確実に手にいられるメリットをよく考えて、使うことを考えてみてはどうでしょうか?

離婚を誰に相談するのがよいか

慰謝料を相場より多くもらえて、住む家ももらえたりしてすれば離婚もかなり理想的ではないでしょうか? それには、「有利に離婚する裏ワザ」を知っていればよいのです。

ほとんどの方が始めての経験ですから、「有利に離婚する裏ワザ」って、知りませんね。

その裏ワザを書いてあるのが、離婚大全集〜圧倒的有利に離婚する方法〜です。

なぜ裏ワザをご存知かといえば、この著者岡野あつこさん自身が離婚をし、そして深く傷ついた経験で、お金や時間やエネルギーを費やしながら 酷い条件で離婚をして、 肉体的・精神的に疲れ果てて、借金もありどん底の生活を経験しました。

そのどん底の生活をめげずに、がんばって離婚相談所を立ち上げまして、 そして今では累計2万件以上の 離婚相談実績となりました。

離婚は調停で弁護士に頼めばと思うかも知れませんが、 弁護士は、法律を守るという立場上、 解決策は無難な提案が多く あなたの当初の希望に 合わないケースが出てきます。

岡野さんは、金額のことはもちろん 法律では解決できない感情の部分の納得できないことも 限界まで挑戦することが出来るのです。

離婚をどう進めるのがよいか

一つは岡野さんに、直接カウンセリングをしていただいて、 離婚パターンにあわせた圧倒的に有利に離婚する方法を 提案してもらい、その方法どおりに 行動するだけで 理想的な離婚を実現するということがあります。

ただし、現在では離婚相談の第一人者ですから、 予約がいっぱいで、いつカウンセリングを受けられるかはわかりません。

そこで、これまでのノウハウを離婚パターンにわけてまとめた 「離婚大全集」を見ることをお勧めします。

内容は、以下のとおりで434ページにもなります。

第一章 一般的な離婚の進め方(基礎知識編)
第二章 離婚作戦開始(実践編)
第三章 離婚を有利に進める3つのパターン
第四章 離婚成立後について
第五章 過去の離婚事例集

非常に実践的な内容なのはもちろんですが、 離婚パターンも豊富ですから、きっとあなたの事情に合った 離婚を進めることができます。

また、過去の離婚事例集は以下のように、中には 反社会的な事も含まれますので、 お勧めはできませんが、実際にあった話として、 参考にしてください。

・結果的に離婚相手を死に追いやってしまった事例
・三ヶ月間の準備で、離婚相手の退職金、持ち家、預貯金、全てを手に入れた事例
・本来なら分けることが出来ない借金を、全額離婚相手に押し付けた事例
・年収数千万円の医者が、財産分与も慰謝料も0円で離婚した事例
・離婚相手の口座をゼロにして、全額手に入れてから離婚が成立した事例
・貯金のない離婚相手から、高額な慰謝料を手にした事例
・離婚相手の不倫相手が、会社をクビになるようにした事例
・離婚相手だけでなく、その浮気相手からも500万円の慰謝料を奪った事例
・DVも浮気もなかった離婚相手から、250万円の慰謝料を奪った事例

など、まだまだ事例はあります。

 離婚大全集〜圧倒的有利に離婚する方法〜の値段は、 現在29、700円になりますが、 新発売記念価格であって、定価は99、700円なります。
また「離婚大全集」には、返金保障がついておりますから、 マニュアルを読んで、全く役に立たない、 何も問題が解決しない、と思われたのなら、メールで返金依頼をすれば すぐに返金をしてくれます。
ただし、返金保障があるからと、安易にこの商品を購入しないで 真剣に離婚問題に取り組もうとしているなら、こちらをクリックしてください。


カテゴリー

離婚
離婚をしなければならないとしたら、何を考えるべきでしょうか。女性なら生活費をどうするか。子供がいれば養育費を、どれだけもらえるのか。など、離婚をするのに考えることはいろいろあります。
慰謝料
離婚をすれば、慰謝料を欲しいですね。慰謝料はどういう時にもらえるのでしょうか?そしていくらが相場なのでしょうか。
養育費
養育費とは子供の生活費や学費を、別れても面倒をみることです。だいたい、高校あるいは大学卒業まで、もしくは成人まで払うことになります。
財産分与
財産分与とは、結婚から築いた財産は夫婦が協同で築いたと考えて、それを離婚した二人で按分することをいいます。
離婚調停
離婚調停は、協議離婚で話し合いで決まらない時に使うもので、財産分与、養育費、監護者や親権者をどちらにするか、慰謝料、婚姻費用などのこまごまとしたことを決められます
再婚
離婚しても、再婚で幸せになった方は少なくないです。ですから離婚をすることで悲観することはありません。ただし、シングルファーザーやシングルマザーの現実がたいへんなことは理解しておきましょう。